読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's go,eigo!

アメリカ出身フランク先生と日本出身のNyao先生が生きた英語を解説する全く新しいマンガブログ! 

せっかくだから・・・は英語にならない?

Hello!

前回お弁当は自分ではなく、お父さんが作ってくれたことがバレてしまったエリカちゃん。絶体絶命!さてどうするのでしょうか?

Check it out!

 

せっかく作ったんだから・・・の巻

f:id:oyakoeigo2016:20161022133446j:plain

f:id:oyakoeigo2016:20161022133558j:plain

f:id:oyakoeigo2016:20161022133658j:plain

f:id:oyakoeigo2016:20161022133756j:plain

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao: ありゃりゃ、いたたまれなくなって、エリカちゃんは逃げちゃうし。。。でもジョージ君、ちゃっかりお弁当はもらえたにゃ(笑)

さて、今回は、あえて英語にしなかった、というか、出来なかったひとこと「せっかくだから」という表現を取り上げようと思いますにゃ。

なんかしっくりくる表現が見当たらず・・・

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229120058j:plain Frank: あああ、難しい。Well I already made two もう2つ作ってしまったから、どうぞ、食べて、みたいな。 それしかないかな。

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao: にゃるほど。

f:id:oyakoeigo2016:20160229120058j:plain Frank: でも満足しないよね(0 - 0 )もっといい表現あるはず。

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao: I worked so hard for you! So here! 一生懸命作ったんだから、食べて!みたいなこととも言えるかな?

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229120058j:plain Frank: そうだね、確かに。I made it especially がいいかもしれないけど、主語が大事。あとは状況を説明するか。たとえば Well I guess she doesn't want them...do you want one? のようなこと言うよね。

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao: あー、でもその言い方だと、あきらめてるじゃにゃい?

せっかく、、、という気持ちはあきらめてないからにゃ。

f:id:oyakoeigo2016:20160229120058j:plain Frank: ちょっとその気持ちも入っているような。でも・・・なんか英語でちょっとあきらめるしかない気がする。。。難しい――!

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao:  あきらめが入るときは「わざわざ~」を使うかな、日本語は。

f:id:oyakoeigo2016:20160229120058j:plain Frank: そっか。英語はその区別はしないかな・・・この時、お父さんが追いかけて娘に渡すか、ちょっとあきらめた感じに彼に渡すしかないかな、アメリカだと。うーん・・・

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao: あくまでその友達のため、というより、娘のために作って来た、ということになるね、そのアメリカの感覚はね。

f:id:oyakoeigo2016:20160229120058j:plain Frank: そうだね。

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao: それ、感覚的に不思議なんだよね。この場合お父さんは「自分の作ったお弁当を他人が誉めてくれた。じゃあ、その人にも作ってあげよう!」となったわけだよね。だから、彼にも渡してあげた。作ってきてあげたんだから、ほら、食べなって。日本だと、自分の身内はとにかく後、他人に何かしてあげるときは、そっちが上位だからさ。

f:id:oyakoeigo2016:20160229120058j:plain Frank: その違いがあるんだ。そうだよね。

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao: アメリカって、、というか、西洋はみんなそうかもだけど、夫婦がお客さんと出かけるとき、夫は自分の妻の荷物を持つでしょ。

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229120058j:plain Frank: そんなこともあるよね。いつもではないけど、少なくない。

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao: 日本は、妻の面倒はあと。お客さんの荷物優先。つまり、「おもてなし」文化だからかにゃ(笑)

 

f:id:oyakoeigo2016:20160229120058j:plain Frank: なるほどね。

f:id:oyakoeigo2016:20160229115818j:plain Nyao: ということで、言葉と文化のつながりまで言及してしまったけれど、何か皆さんもご意見あれば、どしどしコメントくださいにゃ!

 

さて、エリカちゃんこれからどうする!?

気になる方!ぜひポチっとおねがいします!

↓  ↓  ↓

 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村